• Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
株主総会での事業報告を動画を使って効果的に

事業報告動画

株主総会は、株主が経営者から実際に経営がうまくいっているのかの報告を受ける場であり、重要な意思決定が株主と経営者によって議論されるとともに、質疑応答が行われ決議される場でもあります。
上場企業を中心に定時株主総会の事業報告をパワーポイントや口頭での説明ではなく、総会の会場やHPなどで動画を視聴してもらう事例が増えています。この「事業報告動画」の制作をお手伝いいたします。当事務所では招集通知と決算説明資料をベースにナレーション原稿作成、絵コンテの作成、映像企画・編集、ナレーション収録、効果音まで一貫してスピードと正確性をもって制作進行いたします。
事業報告動画の制作に関しては、実績豊富な当事務所にお気軽にお問い合わせください。

事業報告動画を作る4つの効果

01

当日の議長(社長)や運営側の負担を大幅に軽減することができます。

03

コロナ過で増加傾向にあるバーチャル株主総会でも利用しやすい。

02

動画を使うことで、訴求力が高まり報告内容への理解を高めることができます。

04

人材採用や社員向けインナーコミュニケーション動画として2次活用できます。

事業報告動画を制作する際の注意するポイント

女性グラフィックエディター

制作期間が短い

事業報告動画を作る上で、制約になるのが制作時間の短さです。事業報告に関しては「定時株主総会招集通知」に則って行われるため招集通知のドラフトが出来上がってから制作をスタートします。したがって長くても6週間程度しか制作期間がありません。したがって、

事業報告動画の制作に精通した制作会社に依頼する必要があります。

株式

IR関連の専門知識と正確さが求められる

事業報告動画は「株主招集通知」と「決算説明資料」を参考資料にして、ストーリーを考えナレーションを起こし映像化します。したがって、商品広告やドラマなどの映像制作とは違い、企業広報や財務、IRなどの基礎的な知識を持ち合わせていることが必須です。また、守秘義務や正確性を求められることは言うまでもありません。

プロダクションクルー

臨機応変な対応が必要

動画制作の基になる、招集通知のドラフトは未確定の部分が含まれていたり、株主総会のリハーサルには仮編集動画が必要だったり、その他にも制作過程で変更を吸収しながら完成を目指す必要があります。そのため、コミュニケーションツールも活用して臨機応変な対応ができる体制が必要です。

​制作実績

事業報告動画
PRTIMES 第17期事業報告動画
JKHD_事業報告動画2022.5
ベクトル第30期事業報告動画

※上記以外にも、未公開の制作実績がございます。

平日10:00~18:00

​03-5050-2582

089-11.PNG
お気軽にお電話ください
INFOVIDEOのサービスについてもっと知りたい場合は
​お気軽にお問い合わせください。もちろん無料です。

動画制作をご検討の方